ジンの豆知識
ジンについて ランダ・ライデン大学の教授が1660年に薬種として開発。
博士はアルコール液にジュニパー・べりー(杜松の実)を浸漬・蒸留し、
解熱剤として薬局で販売した。
そして、ジュニパー・べりーのフランス語のジュニエーブルにちなみ、
ジュニエーブル・ワインと命名。
やがて、イギリスに渡り、発音が転化してジンになる
シュタインへーガー ドイツのシュタインヘーガー村で生まれたジンの一種。
ジュニパー・べりーそのものを醗酵・蒸留、そしてグレーン・スピリッツを加え、
単式蒸留器で再蒸留する。
とても柔らかくて繊細な味わい。
オランダのジン 大麦麦芽・トウモロコシ・ライ麦などを糖化・醗酵させ、
伝統的な単式蒸留器で蒸留し、ジュニパー・ベリーや他の香草類を加え、
さらに再度単式蒸留器で蒸留。
味わいは、非常に濃厚。
イギリスのジン 大麦・ライ麦などの原料を、連続式蒸留器で、
95度以上のグレーンスピリッツを造り、
植物性の成分(数種類の香草)を加え、再度単式蒸留器で蒸留。、
さらに、成分のエキスを溶け込ませ、水で希釈しアルコール濃度を調整したもの。