小さな旅&日記

7/31<土>

上尾の花火見物
風が涼しいベランダで 部屋の中ではミホ&リマ ワンちゃんのココ&ミホ
昨日は休みをとって上尾まで出かける。
東京では隅田川の花火。
同じ荒川の上流上尾でも花火大会だ。
ママの妹夫婦福島さんから招待状が来た。
「ぜひ一緒に花火見物をしましょう。我が家のマンションから見る花火は最高ですよ」
私たちは大喜び。
参加させてもらうことに。

夕方、板橋を出発。
花火のせいか、大宮バイパスはかなり混雑している。
中仙道に入ると、ますます渋滞している。
すでに二時間は経過。
いつもなら、四十分くらいで着くのだが。
でも、もうすぐ目的地はすぐそこ。
遠くで、今年初めて聞く蝉の声。

東京でも、夏休みの頃は、何処でも蝉が煩いほど鳴いていたもの。
それがどうしたことが、東京の片隅の板橋でもまだ鳴かない。
やはり、いろいろな環境の変化なのだろう。
日もだいぶ暮れてきた。
遠くで、カナカナカナと蝉のヒグラシの声が、寂しげに聞こえてくる。
近頃は、板橋でも聴けない懐かしい響きだ。
やっとのことで目的地に到着。

駅前の時間貸し駐車場へ。
福島さんちに着いた時は、すでに七時を回っていた。
早速ベランダへ。
花火はすでに、ドーン、ドーンと上っている。
七色に輝く花火は美しい。
やはり、夏の花火は日本の風物詩。
心地よい風が吹き渡る。
まずはビールで乾杯!

みっちゃんの手つくり料理が美味しい。
ほとんど毎日が外食生活の身には、家庭の味が最高の料理だ。
枝豆、サラダ、やっこ豆腐、酢の物、刺身、空揚げ、鮨ありで大満足。
風にあたりながら、正面に見る花火。
そして、友と語りながら飲む気分は、何物にも変えがたい楽しさ。
日本の季節には、日本の酒。
「幻の瀧純米吟醸」を冷やグビリグビリ。
やがて、息子さんが帰宅。

「シュンちゃん、一緒に飲もうよ」
わが家のごとく、強引に仲間に引き入れ、酒を注ぎ、酒盛りはさらに。
今日の花火は最高!最高!
我は大いに悦に。
時間も九時近くなった。
花火は、時を惜しむかのように、次から次へ打ち上る様は豪華絢爛。
やがて、ドーンドーンと響いていた花火の遠鳴りも収まり、静けさが戻ってきた。
見事に、潔く華やかに散った大輪の花火。

日本の夏の象徴花火は、一瞬の内に弾けて飛び散る。
今年の夏が、打ち上がる花火を見る者の心に、鮮やかに残る。
花火も終わり、私たちも部屋の中へ。
暫らくは、花火の余韻を楽しみながら、酒盛りは続く。
「田村さん、来年も来てよ。僕らも楽しかったな」
誘われると弱いたち、しっかりと約束を。
福島さん、昨日は、楽しい時間を有り難うございました。
呟き日記を更新
SYMPANYラストライブ
 2005.07.17


ライブは赤坂グラフィティーで12時から始まる。
何時ものことで、ひっしの思いで赤坂へ。
首都高を飛ばして行くが、またしても遅刻で悲しくしなる。
でも、昨日は朝まで仕事をやったのだから、仕方がないかと勝手な言い訳。
昔のホテルニュージャパンは、今では、アメリカの保険会社、プルデンシャルの高層ビルに。
学生の頃、まだまだ今のように劇場がない時代。
赤坂プリンスホテル裏の砂防ホールや都市センターホールなどに、芝居を見に行った。

今では死語と化したが、まだ新劇と言われてた左翼系芝居が、若者に圧倒的な支持を受けていた。
今の一ツ木通りにはお婆ちゃんがやってた古本屋もあった。
赤坂見付交差点横には、自動販売機で何でも買える、一杯飲み屋もありのんびりしたもの。
まだ赤坂東急ホテルがヒルトンホテルと言っていた頃、フランス料理のサービスに良く出かけたもの。
そして、だいぶ金回りも良くなった頃、湯島、銀座と飲み歩き、最後は赤坂のクラブでとどめ。

当時の銀座は11時30分で閉店。
新橋の土橋や日劇<今はマリオン>の前は、タクシー待ちで長蛇の列。
一時間待ち位当たり前だった。
でも、お店のおねーさんと話しながら待っていれば、あっという間に時間は経つ。
そして、繰り出すところは赤坂。
銀座と違い、赤坂はまだまだ朝まで営業していた。
クラブにはピアノ弾きがいて、気持ちよく自慢のシャンソンを歌う。

まだまだ、カラオケなどはなく、女の子とのデュエットとも、ピアノに合わせてだ。
赤坂には、板橋の住人になってからは、めったに来ることもなくなった。
でも、何故か赤坂は懐かしい街だ。
TBS会館下に、しゃぶしゃぶの「ざくろ」、カレーの「サクソン」もあるはず。
日本のフレンチの草分け志度悦夫氏のレストラン「シド」はどうしたのだろうか。
プルデンシャルビルの隣のビルの地下駐車場に車を置いて、目的地のラブハウス「グラフィティー」へ。
だいぶの遅刻だ。

ここからは、信号を渡ればすぐそこだ。
ビルの階段を下りると、ライブハウスはあった。
奥から聴きなれた声が響く。
入口にはモギリでイカチャンがいた。
久しぶりなので、イカチャンは私たちのことが分らないみたい。
入場券を渡し、ワンドリンクチケットを購入。
カウンターで私は生ビール、ママはアイスコーヒーにかえて中へ。
ホールは大勢の聴衆で盛り上がっていた。

本村さんの嫁さん・節っちゃんが席を案内してくれた。
そこには、馴染みの大久保さん、島田&芳江ちゃんがいた。
シンパニーの面々は、汗をかきながら、次々と徳永英明の曲を演奏。
思い入れたっぷりに歌う、ボーカルの本村さん。
想像していたより、シンパニーのレベルははるかにたかい。
だから、毎回、ホームページでライブの公演日を紹介するだけで、
ライブハウスが満席になるのも納得。
知り合い縁者に頼りがちのライブが多い中、自分たちのファンをしっかり掴んでいるのが実感できる。
やがて、休憩になった。

年内に結婚の決まった、島田&芳江ちゃん。フラッシュでパチリ!
大久保さんは、これから中国へ出張で成田へ向かった。
そんな忙しい時間をさいて、友達のライブに来るなんて偉い。
遠くの席には、ノリツグさんやリュウスケさんもいる。
みんな、シンパニーの最後のライブに来てくれているんだ。
そして、子供からお年よりまで、老若男女がみんな楽しそうにしている。
最後のライブだから、わざわざ赤阪まで駆けつけてくれたのだろう。

やがて、演奏が始まる。
これで最後の演奏。
シンパニーのメンバーも力が入り、本村さんも熱唱。
聴衆も盛り上がってきた。
前列の人たちは、頭の上に手をかざし、右に左に振り踊り始めた。

ともに共有する感動の空間。
私たちの気持ちも、心地よく昂揚する。
この興奮は、やはり、素敵な演奏をなくしてはありえないこと。
だんだんと、閉演もち近づいてきた。
シンパニーのメンバーも汗グッショリ、遠目にもよくわかる。
本村さんは、今日、何十曲歌ったのだろうか。

それもぜんぶ暗譜でだ。
最後の曲が終わった。
勿論、アンコールの拍手が沸き起こった。
そして、最後の最後の2曲。
演奏が終わるとともに、聴衆から大きな拍手が。
シンパニーのみなさん、楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
お疲れさま。
男性合唱団と七夕 
2005.07.10
男性合唱団「お江戸コラリアーず」 玄関での見送りの合唱 一番手前が由幸ちゃん