カシャッサとカイピリンニャ、そしてる9月13日はNational Cachaca Day !

ブラジルにはカシャッサ(Cachaca発音kah-SHAH-sah)と言う国民酒がある。
一種のラム酒であるが、ラム酒の多くはモラセス糖蜜(molasses)から造られるが、カシャッサはサトウキビのジュースから造られる。
ブラジルではピンガ(pinga)とも呼ばれ 、一昔前は貧乏人の酒と蔑まれていたが、現在は世界で愛飲されている。

それはブラジルで絶対的な人気を誇るカイピリンニャ(Caipirinha発音kie-purr-REEN-yah=田舎者の意)が、世界に広まったからでもあろう。
今ではピンガの代わりに、ベースをウォッカに変え、カイピロスカ(caipiroska)がヨーロッパで人気があるほどである。
もともとはブラジルに古くから伝わる、カーニバルの時に大いに飲まれたカクテルである。

現在ではカイピリンニャに使う材料をシェークし、カクテルグラスに注ぎ、レモンなど柑橘類のピールを飾るCaipirini(カイピリンニ)も人気がある。
そして来る9月13日はNational Cachaca Dayである。
ブラジルではたくさんのカイピリンニャやカイピリンニが飲まれるであろう。

さらに6月12日は International Cachaca Day。
5月21日はブラジルのミナス・ジェライス州でCachaca celebration となる。
かつてはブラジルの国民主酒も、今では世界的なスピリッツに成長した。