Today's Comment
February.2013.2



ShotBarピーポッポ 創業28周年記念!
ハッピーアワー&新入荷モルトウイスキーNO\
HAZELBURN SAUTERNES WOOD8y BY WOOD EXPRESSION
(55度・700ml)

(ヘーゼルバーン 8年 ソーテルヌウッドウッド エクスプレッション 2011年リリース )
製造本数9180 700ml 55.9度

こちらからどうぞ⇒1sake-hazelburn.html

スプリングバンク蒸留所の3つ目のシングルモルト・ヘーゼルバーンは、 キャンベルタウンにあります
ヘーゼルバーンはピートを一切焚かず、3回の蒸留で造られるシングルモルトです。
ソーテルヌ(フランスの甘口貴腐ワイン)の空き樽で3年間仕上げの熟成をしました。

ハッピーアワー(18時ー21時)は¥1400を¥1000で提供いたします。

21時以降は
¥1400となります。






ShotBarピーポッポ 
レア・バーボン・シリーズ
ジム・ビーム200周年記念ボトル


アメリカ合衆国建国200周年記念ボトルです。
1995年にリリースされ、輸入元はニッカウヰスキー鰍ナす。

熟成は6年3ヶ月(75ヶ月)でアルコール強度は47、5%です。

酒質は滑らかで柔らかく、豊潤な香りとバーボン特有のナッティーな甘さが仄かに広がります。
すでに市場からは消えたジム・ビームです。
この機会にぜひアメリカ合衆国の200年を偲びながらお飲みください。


OneShot¥1000





小鳥博士は板橋区の生き字引、14年ぶりに来店
2013年2月21日

1昨日のこと、開店するやお客様が入って来た。
「マスター、久しぶりです」
「Wさんですね、久しぶりです」

Wさんはカウンターに座り、ビールを注文した。
私はグラスへエビスビールを注ぐ。
「マスター、私のことすぐに分かりましたか?」
「勿論ですよ。長い付き合いですから」
「嬉しいですね、憶えていてくれて」
「14年ぶりくらいですかね?」
「それくらいになると思います」

Wさんが最初に来店したのは26年くらい前であろうか?
一人で来たり友達と連れ立ったりで、度々来店してくれた。
Wさんは板橋生まれの板橋育ち。
板橋に関する色々な古い歴史を教えてくれた。

とにかく博学強記、栄養学のことから小鳥の育て方、漬物の漬け方、健康体操など立板に水が流れるように話してくれた。
それもすべて独学で実践しての話だから、すべて信憑性に満ちていた。
Wさんは小鳥が大好きで、聞けば今でもインコを6羽と、文鳥を2羽飼っている。


私の娘が小鳥好きだと言ったら、インコの雛が生まれたら、一番賢くて器量よしを持ってくると言ってくれた。
そしてしばらくしてWさんが、インコの雛を箱に入れて持ってきてくれた。
箱を開けて見ると、産毛も残る黄色いインコだった。

何羽か生まれた内、約束通り一番器量よしで利口な雛鳥を持ってきたと言って、育て方を丁寧に教えてくれた。
そして家に帰ったその日から、ママと娘でインコのピーチャンに、餌を与えながら言葉を教え、手乗りインコに育てた。
やがてインコは成長し、娘はピーチャンを肩に載せながら公園へ遊びに行く。

すると娘とピーチャンは、公園でお母さんや子供たちの人気者になった。
さらにすごいのは、ピーチャンの言葉を憶える速度の速さ。
ママと娘が言葉を数回繰り返すとすぐさま憶える。

Wさんが言った一番利口な雛を、持ってきたというのは本当だった。
Wさんは小鳥の気持ちや能力を見分ける、眼力があるのであろう。
だが流石にインコ、能力にも限界があった。

ママは娘のRに聴かせるために「Rちゃん、勉強は?」と教え、私に対して「トシちゃん、行ってらっしゃい」と教えた。
すると時折インコは間違えて「トシちゃん、勉強は?」とやらかす。
私はインコのピーチャンへ「俺は勉強しないで良いの!」

さらに私が仕事に出かける時「Rちゃん、行ってらっしゃい!」とやらかした。
Wさんのおかげで、インコとの楽しい思い出をプレゼントしてもらった。
Wさんは定年で退職してからしばらく経ち、私のお店に顔を出さなくなった。

私の店に来店していた頃は、常盤台に住んでいたが、現在は田柄に住んでいる。
今日もビールを飲みながら、石神井川で泳いだり、釣りをしたり
青蜆を採ったりした思い出を、昨日のことのように話してくれた。
Wさんは古き良き板橋の昔を、たくさん語って店を後にした。

頭には深々と毛糸の帽子を被り、たくさんのポケットの付いたジャンパーを着て、昔と同じようにジーンズにスニーカー姿。
玄関へ出てWさんと別れを告げると、Wさんは足早に駅へ歩いて行った。
その歩みは72歳とは思えない軽やかな足取りであった。






季節限定無濾過生酒・かめぐち酒、新潟から届く
2013年2月19日


写真をクリックしてください↑

2月15日(金)の午後7時頃、宅急便が届いた。
四角いダンボールに貼られた送り状を見ると、品物は日本酒であった。
雪深い厳冬の1月に仕込まれ、2月12に発売されたもち米四段仕込みの季節限定の新酒である。
去年の大晦日に来店できなかったIさんの新年の挨拶だった。







写真をクリックしてください↑
二人は新婚旅行のお土産を持って来店してくれた
包装紙を開けると、一匹の獰猛そうなハブが咆吼し、酒瓶の中でとぐろを巻いていた。
今では捕獲量の制限もあり、ハブ入りハブ酒はかなり貴重品になっている。
私もまだ飲んでいないハブ酒、そろそろ開ける時が来たようだ。





深夜のボンド・マティーニ(ベスパー・マティーニ /Vesper Martini
2013年2月13日

2006年公開のマーティン・キャンベル監督の007シリーズ
「カジノ・ロワイヤル(Casino Royale)」に登場したボンド・マティーニ。
Sさんは今宵のほろ酔いの〆に注文した。

深夜の三時近く、人気ない道を時折通る車の音が鈍く響く。
それは雨降りの路上を行き交う車の音ではない。
ガラス窓を見るとほの白く明るい。

玄関の扉を静かに開けると大粒の雪が降り落ち、街灯に照らされた雪がきらきらと輝いていた。
そして路上には行き過ぎた車の轍が鮮明に残されていた。
何時降り出したのであろうか? 先ほど外へ出た時は降っていなかったのだが、すでに街は雪化粧をしていた。

私はSさんにボンド・マティーニを作って差し上げた。
ウォッカ、ゴードンジンと、キナの香りも豊かなリレをハードシェイクする。
そしてレモンの皮をホーセスネックのように剥き、カクテルピンに刺し、カクテルグラスへ飾った。
それはShotBarピーポッポ特性のボンド・マティーニであった。


ボンド・マティーニ(ベスパー・マティーニ /Vesper Martiniについて詳しくはこちらからどうぞ↓
http://www.p-poppo.jp/1sake-kina-lillet-martini.html




日曜日は読書に散歩日和
2013年2月12日



今週の日曜日はうららかに晴れ上がった。
このところ寒さも厳しく遠く春明け初めたことが嘘のようである。
日はまだ高く空には雲もなく晴れ渡っていた。

暖かな陽気に誘われながら、永井荷風の随筆集の下巻を後ろポケットに入れ、自転車で近くの公園へ出かけた。
都立の広い公園の散策道には、ジョギングや早足で歩く老若男女が溢れていた。
公園のベンチの隣にある自転車置き場へ自転車を置きグランドへ。

グラウンドには1周400メートルのトラックがあり、トラックの内側は芝生になっている。
芝生ではピクニックをしている家族連れが、青いビニールシートの上で食事をしている。
若者たちはサッカーに興じ、凧揚げを楽しむ親子連れもいる。

私はグラウンドの端にある太い木を割って作ったようなベンチに座る。
何十年も経ったベンチには、幾条にも木目が浮き出ている。
昼下がりの3時過ぎ、傾いたとはいえまだ日は高く日差しも強い。

革ジャンパーを脱ぎ捨て、後ろポケットの文庫本を取り出し、ベンチに横になり仰向けで読書をする。
柔らかな降り注ぐ日差しを浴びながらの読書は楽しい。
時折本から目を逸らし空を仰ぐ。

グランウンドを取り巻く林の彼方に太陽が金色に輝き、青空の一隅を金彩に染めている。
青空は限りなく高く遠く澄み渡り、雲ひとつなく広がっている。
ベンチの上には常緑樹が張り出し、差し込む陽光に葉叢が若葉色に輝き、日の当たらない葉は濃緑色である。

陽光が演出する緑の斑がモザイク模様で美しい。
やがて日はさらに傾き日足は長くなり、グラウンドに様々な影を落としていた。
さすがに立春は過ぎたとは言え、日が陰れば寒気が包み始める。

グラウンドの人影も疎らになり、ジャンパーを着てグラウンドを後にした。
そして公園からサイクリングを楽しみながら、のんびりと10分ほどペダルを漕ぐと、時々出かけるブックオフに着いた。
中へ入り明治時代に書かれた作品の文庫本2冊とCDを1枚購入した。

最近は明治時代の小説や随筆が愉しい。
江戸の戯作や草紙などの文体が色濃く残る、明治時代の小説の文体のリズムが心地よい。
その時、自分の中に流れる日本人の文化や伝統の血脈を感じる。

それはやはり老年に差し掛かり、日本人としてのアイデンティティーを探しているからなのであろうか・・・・・・。
CDは思いもかけず大塚博堂(1944年ー1981年)メモリアルベストであった。
「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」や「めぐり逢い紡い」などの名曲が、録音されているCDなので値段も安くはなかった。

私が湯島天神前にたつ白亜のマンションの13階で、深夜に酒を飲みながら一人で大塚博堂のレコードを聴いた思い出が蘇る。
月曜日、さっそくお店で懐かしい大塚博堂の曲を聴いてみよう。
甘く切なく囁くような博堂のハイトーンで艶やかな声が、店内を満たしてくれるであろう。

ブックオフから出ると日差しはなく、薄暮が包み始めていた。
来た道を戻り先程の公園に着いた頃、すでに街頭も灯り始めていた。
広い交差点を渡ると長い上り坂が続く。

未だかつてこの坂道を自転車で上りきったことがない。
どこまで行けるか頑張ることにした。
すると意外なことにそれほど苦労をすることもなく、坂を上りきることができた。

3年くらい前、駅の階段の上り下り、膝を針が刺すような微かな痛みを感じた。
その時以来、私は毎日のトレーニングにスクワットを加えた。
スキーのジャンパーがジャンプ直前まで滑り降りる時のスタイルで、お尻を小さく上下する。

最初は10回で太ももの内側がパンパンに張った。
今は毎日60回に10回の大きくゆるい上下運動をする。
このスクワットをするようになり、膝の痛みはぴたりと止まっている。





未開封レアボトル
メタクサブランデー
開封していないのに中身は半分くらいになっているようだ。
ボトルを揺らすと軽い響きが伝わる。
30年以上は経っているのだからしかたがないであろう。

2013年2月11日






春近し、寒椿
2013年2月7日

立春も過ぎ春の訪れが待ち遠しい。
と思いきや昨日は雪が降り、都心が銀世界に変わった。
ゆく道の路傍の生垣に、寒椿が寂しげに咲いている。

晩秋から冬にかけて咲く花は、椿をおいて殆ど姿を見ない。
椿は数少ない日本の原産種の花で、学名はCamellia japonicaある。
植物学に造詣の深かった修道士・ゲオルク・ジョセフ・カメルがヨーロッパに紹介した。
その後植物学者・カール・フォン・リンネがカメルにちなんで、椿にカメルと命名した。

常緑樹の葉は一年中深緑で艶やか。
寒風に晒され雪に埋もれても、些かも動じない強い木である。
そして寒中に紅色の妖艶な花を咲かせる。

だがその花の花弁は一枚ずつ落ちることはなく、五弁の花びらを付けたまま、花の基部ごと萼を残してぼとりッと落ちる。
そのさまは武士が斬首された時、頭が胴体を離れて落ちる様に似ているので、武家屋敷では忌み嫌われたとか。
また競馬や馬術競技など馬の世界でも、落馬を連想させることから、椿の名前は滅多に付けらることがないという。
春霞が立ち染める頃、春の宵にむら雲が紫に染まり、夜陰に咲く椿は艶やかな情趣を誘う。






バスクのリキュール・イザラと星
2013年2月6日

こちらを↑クリックしてください。

フランスはピレネー山脈の麓のバイヨンヌ地方に、IZARRA・JAUNE(イザラ・ジョーヌ)という黄金に輝くお酒があります。
フランスのシャルトリューズ・ジョーヌに似た、アルコール40%、エキス分21.5%のハーブリキュールです。
かつて、フランコ大統領の独裁に抵抗し、勇敢な戦いを挑むバスクの戦士に共鳴した、
アーネスト・ヘミングウェイも愛飲しました。






未開封レアボトル・シリーズ
パッサーズ・ ブリテッシュ・ネービー・ ネルソン・シップデカンタ
BRITISH NAVY PUSSER'S RUM
内容量:1000ml アルコール度数:95.5PROOF

 
2013年2月5日





今年の福豆は65個食べることになる!
2013年2月2日


今日は暖かな一日、梅の蕾もほころぶだろう。
昼下がりの陽光が降り注ぎ、微かにそよぐ風も暖かい。
先月までの寒さが嘘のようだ。

東京には寒波が襲い、地上を一面の銀世界に変えたことも、すでに記憶の彼方に消え始めている。
すでに2月に入り、早いもので明後日は立春を迎える。
そしてその前日の明日は節分である。

神社や寺では年男たちが、威勢良い掛け声とともに、豆撒きをする。
子供の頃、近くの八幡神社へ行き、社殿の欄干越しに撒かれる縁起物の福豆や、紅白の袋に包まれたお餅をいただいた。
そして夜の帳が落ちた春宵、自宅では「鬼は外、福は内」と叫びながら、父が家の中に豆を撒き、
縁側から外へ「鬼は外」と言って撒いた。

すると時を期したかのように、近所の家々から灯が漏れ、豆まきの声が響いてくる。
月は煌々と照り、時折紫に染まる雲が流れ、一瞬、月明かりが翳り柔らかな薫風が流れる。
今年もきっと暖かな節分を迎えることであろう。

今年一年、邪気を払った煎豆を食べ、今年の厄除けと無病息災を祈ろう。
古来、豆の数は自分の年の数だけ拾い上げ、食べると良いと言われている。
今年は65個も食べることになる。






画像をクリックしてください↑

花彫紹興酒に乾杯!


30年以上の深い眠りを醒ました、花彫紹興酒の香りが、馥郁と辺りに漂った。
揺らぐように華やかで妖艶な香気が、店の中を満たしていく。

そして紹興酒の壺から小さなグラスへ注ぎ入れると、さらに豊潤な香りが立ち上り広がる。
長い熟成の間、壺の中に眠り続けた紹興酒は、漆を溶かし込んだような褐色で、過ぎ去った時の長さを伝えている。
注ぎ終わった紹興酒を見ると、照明に照らされ燦きながら、鏡のような表面に酒紋が滲んでいた。



2013 2012.01
2012 2011.12 2011.11 2012.10 2012.09 2012.08 2012.07 2012.06 2011.05 2012.04 2012.03 2012.02 2012.01
2011 2011.12 2011.11 2011.10 201109 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01
2010 2010.12 2010.11 2010.10 2010.10 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01
2009 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.01
2008 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01
2007 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01
2006 2006.12 2006.11 2006.10 2006.09 2006.08 2006.07 2006.06 2006.05 2006.04 2006.03 2006.02 2006.01
2005 2005.12 2005.11 2005.10 2005.09 2005.08 2005.07 2005.06 2005.05 2005.04 2005.03 2005.02 2005.01
2004 2004.12 2004.11 2004.10 2004.09 2004.08 2004.07 2004.06 2004.05 2004.04 2004.03 2004.02 2004.01
2003 2003.12 2003.11 2003.10 2003.09 2003.08 2003.07 2003.06 2003.05 2003.04 2003.03 2003.02 2003.01
2002.05-12