Today's Comment
July.2012.7



小さな旅を更新
2012年07月30日

湯の里信州鹿教湯温泉を訪ねて






愉快な仲間たちを更新
2012年07月27日

秋田繋がりの3人組






イチローがヤンキースのユニフォームを着ている!?
2012年07月24日


朝刊を読み終わり、正午過ぎ、テレビをつける。
NHKBSでヤンキース対マリナーズの中継をしていた。
するとイチローが画面に大写しになる。

ライトを守るイチロー、胸のロゴがNEW YORKだ!
嘘だろう!? 何故だ?
我が目を疑った。

イチローは平然と守備についている。
そしてことの真相を理解した。
本日、イチローがヤンキースへ、電撃移籍したのであった。

12年間在籍し活躍したマリナーズを相手に、ヤンキースの一員として守備についていたのだ。
3回、イチローがバッターボックスに立った時、シアトル・マリナーズのセーフコ・フィールドの観衆が、温かい拍手を送る。
そしてイチロー選手も、ヘルメットを手に取り、観衆に笑顔で応えていた。

祝福と惜別の拍手が終わると、イチローは中前に見事なヒットを放つ。
その後
2塁へ鮮やかな盗塁を決めた。
今年で5年の契約が終わる。

そして7月末が今年の移籍の最終期限。
成績の停滞する今シーズン、環境を新たに、更なる刺激を求め、ヤンキースへ移籍したのだ。
哀惜の情を残しながらも、自らの意思で発展的に、マリナーズと決別をした。

大打者イチロー、新天地で活躍することを、多くの人が願っている。
それにしても、大リーグの決断と行動力の早さに、アメリカのダイナミズムを再確認した。
この決断と行動力が、今こそ日本の政治に求められている。





ハンバーガーショップからの光景
2012年07月23日


夕食の前の一時、大山駅前にあるモスバーガーの2階で、コーヒーを飲みながら1時間ほどの読書。
私は喫煙しないのだが、喫煙室へ座る。
禁煙室はなんとなく静かで上品な様な気がするので、がさつ者の私は何時も喫煙室に座る。

2階の目の前に大山駅に掛かる陸橋が見える。
この陸橋は完工されて以来、ほとんど渡る者がないことで有名で、私も渡ることもないし、渡る人をほとんど見かけない。
時折駅に目をやれば、陸橋の向こうを電車が通過する。

鈍い銀色の各駅電車が、ゆっくりと通過したり、猛然と進む急行電車が、間断なく通過する。
通過し終わると、黒と黄色の段だら模様の踏切バーが、緩やかに上がる。
するとその先に、パチンコ屋の看板が見える。
さらにその向こうに、ケンタッキー・フライドチキンのカーネル小父さんの看板が、笑顔を送る。

するとまた踏切バーがゆっくりと下がり、今度は銀色の車体にオレンジで飾った電車が通過する。
私の目の高さに、電車の屋根のパンダグラフが見える。
電車を見る時は、何時でも地上からで、目の位置に大きな車輪が軋みながら、高速回転で通過する。

何時も見る光景と少しだけ位置が異なることで、見慣れている駅前の景色が、鮮烈な印象に変わる。
読書をしながら、時折望むハンバーガーショップからの眺めが、町の淀んだ景色に精彩を与えてくれる。
灰緑色と紺色に塗られた無骨な陸橋が額縁となり、行き交う電車の通過が、その向こうに広がる光景を、鮮やかに蘇らせている。






お墓参りと喪服の女性
2012年07月21日

今週の日曜は東京のお盆。
私も厚木にある両親が眠るお墓へ、お参りに出かけた。
東名高速を町田ICで降り、国道16号から県道へ入り、北里大学病院前を通り、相模川沿いを進む。
広い川辺には水着姿で川遊びの子供達が見える。

快晴の青空には、夏雲が悠然と耀いていた。
かつて遠い昔、相模川の渡しがあった交差点から、道は蛇行した長い上りになり、やがて愛川町に入る。
しばらく平坦な道を進むと、霊園に到着した。

昼下がりだが夏日は高く、強い日差しが照りつけていた。
霊園には思いのほか人影がなく、私たち以外には1人だけであった。
水汲み場で手桶に水を満たし、束子を持ってお墓へ。

その時、お墓を磨く喪服姿の女性と眼が会い、挨拶を交わす。
「暑いですね」
「ええ、それにしてもお墓参りの人が少ないですね」

私は手桶と束子を持ってお墓へ。
ママはすでに照り返す日を浴びながら、お墓の廻りに伸びる雑草を抜いている。
私もお墓に水を掛け流しながら、ごしごしと束子で磨く。

墓石に降り落ちる陽光が反射して眩しい。
磨きあげたあと、買い求めたお花と旬のフルーツの桃を、墓前に添える。
そしてお線香に火を灯す。

だが微風そよぐ中、ライターのか細い火で、お線香を焚きつけることに苦労していた。
すると、先ほど挨拶を交わした女性が近づいてきて、手に持った燻るお線香で、私たちのお線香に火をつけてくれた。
そしてお線香をお墓の前に添え置き、両親に手を合わせる。

予定通り、無事にお墓参りが終わる。
ささやかに善行をつんだようで、吹きわたる風も美味しい。
遠くにはなだらかな山並が、折り重なるように朧に霞んでいる。

駐車場へ戻ると、先ほどの黒衣の女性と出会った。
「東京へ戻るのですか?」
「ええ。帰りに日帰り温泉へ寄ろうと思っています」
「すみませんが、駅まで乗せて行って頂けませんか」

そして彼女は後ろの座敷に乗ってもらい、霊園を後にした。
この霊園から駅は遠く、駅へのバスの便も、1時間に2本位だ。
車の中で何気ない雑談を交わす。

やがて彼女が喪服姿でいる理由が分かった。
今日は彼女の旦那さまの新盆で、その法事の後、1人でこの墓地に眠る旦那さまのお墓へお参りしたのであった。
聞けば、旦那様は、今年、43歳の若さで、入院の甲斐もなく亡くなったそうだ。

結婚生活は10年、2人の間に子供は無く、41歳の彼女が1人残された。
淡々と語る彼女の言葉には、まだ癒えない悲しみが静かに響く。
やがて、JR横浜線の相模原駅前に到着した。

彼女は車を降り、私たちの車が過ぎ去るのを、何時までも見送っていた。
優しい心根、さり気ない笑顔を湛える彼女は、きっと1人で新しい生活をスタートするであろう。
そしてまた新しい人と出会い、何時の日か幸せになって欲しいと切に祈った。





パトリシア・カース(Patricia Kaas1966年―)はシャデー(Sade1959年ー)のように
2012年07月18日







愉快な仲間たち」を更新
2012年07月16日

Nさん、入籍おめでとう!!」





トルソーの水差しは艶麗かな!
2012年07月14日





「ヴィクトリア女王 世紀の愛」雑感
2012年07月13日

「ヴィクトリア女王 世紀の愛」(2009公開)を観終わる。
18歳で即位したイギリス女王の孤独と愛を描いた作品。
舞台は英国宮廷、随所に食事やお酒のシーンがあるのではと期待したが残念の一言。
外国映画はお酒やカクテル・シーンを効果的に使うのだが。
監督はあまりお酒に興味がないのであろう。
今宵はヴィクトリア女王がこよなく愛したシングルモルト、英国王室御用達のロイヤル・ロッホナガーでも飲むことにしよう。




道すがらの光景
2012年07月12日

先ほどの強風から今は爽やかな風に変わっている。
道すがら初夏の花々が路傍に咲いている。
すると介護センターの車が停まる。
車椅子の老人が車から降り、家人が出迎える。
そんな光景に度々出会った。
やはり日本は長寿社会。
生老死は誰にも避けることは出来ない
やがて私の問題になることも確実である。





お酒の話を更新
甲府からプース・カフェを飲みに来店!
2012年07月11日






朝顔市」や「ほおずき市」、夏の訪れ
2012年07月07日


今日は七夕。
だが朝から生憎の雨。
幼稚園ではこの日のために、子供たちは短冊に願い事を書き葉竹に飾る。

しかし無情の雨が、七夕飾りに寂しげな風情を醸す。
夜空に輝く光の帯の天の川、残念ながら見ることは出来ない。
1年に1度、天の川を渡る牛星と織女星の邂逅のロマン。

夜空に広がる伝説の夢を、ぜひとも実現さしてあげたいものだが・・・・・・。
昨日から鬼子母神では、青に紫に咲き匂う「朝顔市」が始まった。
そして浅草寺境内では、9日から四万六千日の縁日にちなむ「むほおずき市」がたつ。

この日にお参りすれば、ご利益が46,000、つまり約126年分あると言われる。
子供の頃、女の子たちは、ほおずきの種を抜きとり、口の中へ入れ、空気を吹き込む。
そしてその中の空気を吐き出す時、微かに鳴る音を楽しんでいた。

遊び物もすくない時代、子供たちは様々なものから遊び物を作った。
下町に訪れる毎年の「草の市」とともに、本格的な夏がやって来る。
今年も電力不足が危惧される。

ささやかなことだが、当方も節電に努めなくてはなるまい。
冬は寒く、夏は暑いのが季節なのだが、極寒や酷暑は避けたいものだ。
振り返ってみれば、今年もすでに半分を過ぎている。






「小さな旅&日記」を更新
2012年07月3日
埼玉県熊谷市「 あじさい寺・能護寺」を訪ねて



2012 2012.06 2011.05 2012.04 2012.03 2012.02 2012.01
2011 2011.12 2011.11 2011.10 201109 2011.08 2011.07 2011.06 2011.05 2011.04 2011.03 2011.02 2011.01
2010 2010.12 2010.11 2010.10 2010.10 2010.08 2010.07 2010.06 2010.05 2010.04 2010.03 2010.02 2010.01
2009 2009.12 2009.11 2009.10 2009.09 2009.08 2009.07 2009.06 2009.05 2009.04 2009.03 2009.02 2009.01
2008 2008.12 2008.11 2008.10 2008.09 2008.08 2008.07 2008.06 2008.05 2008.04 2008.03 2008.02 2008.01
2007 2007.12 2007.11 2007.10 2007.09 2007.08 2007.07 2007.06 2007.05 2007.04 2007.03 2007.02 2007.01
2006 2006.12 2006.11 2006.10 2006.09 2006.08 2006.07 2006.06 2006.05 2006.04 2006.03 2006.02 2006.01
2005 2005.12 2005.11 2005.10 2005.09 2005.08 2005.07 2005.06 2005.05 2005.04 2005.03 2005.02 2005.01
2004 2004.12 2004.11 2004.10 2004.09 2004.08 2004.07 2004.06 2004.05 2004.04 2004.03 2004.02 2004.01
2003 2003.12 2003.11 2003.10 2003.09 2003.08 2003.07 2003.06 2003.05 2003.04 2003.03 2003.02 2003.01

2002.05-12